読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進化する楽しみ

日進月歩する世の中を考え楽しさを創る

【Pokemon GO】結局誰が笑うの?

こんにちは◑ω◐`)

いやー最近はやりのスマホゲームといえばPokemon GO

ですねー。

でも結局一番儲けている会社ってどこなのか気になったので今日はPokemon GOについて調べてみました。

f:id:oki098:20160901092717p:plain

 

リリース遅れに不満?

2016年7月6日に、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアでPokemon GOがリリースされました。その後、13日にドイツで、14日にイギリスでリリースされていきました。その時から日本でよく言われた事が「日本のゲームなのになぜ日本でのリリースが遅いのだ!」と私はその時思うことがあったのですが後で話します。結局日本でのリリースは2016年7月22日となってしましました。

では、なぜ遅れたの?そもそも本当に遅れたの?そういう順番だったのではないのかと私は思いました。

 

 本当に日本が作ったアプリなの?

 確かにポケモンを生み出したのは日本ですが、今回のPokemon GOを作った会社が日本なのかというと答えはNOです。

今回、Pokemon GOを作った会社はアメリカのサンフランシスコに本社があるNiantic,lnc(ナイアンティック)という会社が作成したアプリです。

ネットで日本のリリース遅れで様々な憶測が立っていますが...単純にアメリカが作ったアプリだからアメリカから出す!! そんな所といったものですかね。

oki098.hatenablog.com

 

すごい金が動いている

このPokemonGOですが、記録的な売上を出しております!!

アメリカを含む3か国で最初のリリースがされて、1ヶ月を経過した時点で約200億円超!!

 うおぉぉぉぉぉぉぉー!!日本やベー!!!任天堂の大勝利!!!

 と思いますが・・・上記で述べた様に今回PokemoGOを作ったのは日本ではありませんので・・・当然売上を一人いじめという訳でもありません。

 

日本の取り分

今回簡単にPokemonGOの関わっている会社を図を使って説明していきます↓

f:id:oki098:20160903113148p:plain

この図を見て最初に『ん?』と思った人もいると思いますが、そもそも『ポケモン』という著作権を持っている会社は『株式会社 ポケモン(The Pokemon Company)』という会社です。じゃー任天堂は今回まったく関係なかったの!?と思いますがそういう訳ではなく、『任天堂』は『株式会社 ポケモン』の株式を32%保有している『関連会社』です。 

Niantic,lnc』はポケモンのライセンス等権利の使用料として売上の3~5%を『株式会社 ポケモン』に支払わないといけません(日本の利益)

そしてその受け取った使用料の内の32%受取配当金と共に任天堂に支払う!とう事になります。

 また、こちらのサイトであるように

japan.cnet.com

 

 Niantic,lnc』に任天堂』『株式会社 ポケモン』は出資しているので『Niantic,lnc』から配当金を受け取る権利があるので未知数ですが資金を得れます。

 

まとめ

アプリストアでも『ポケモンGO』ではなくて『PokemonGO』の理由もわかりますね(笑)

しかし、ポケモンという強力な日本の著作でこの様なヒットになっているのもまた事実です。今後年間でどれ程の売り上げになるか非常に期待できます。

それではまたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 

関連記事 

oki098.hatenablog.com